keoni maemori

【ハワイ】米国内外で映画制作 ケオニ・マエモリさん-平安座島系3世/巨大器材も大発明!

2019.12.25

映画制作や小道具製作などを行うハワイ県系3世のケオニ・マエモリさん。大工だったお父さんと芸術家だったお母さんのもとに生まれたマエモリさんは、さまざまな工夫を凝らして映画の世界で活躍しています。今回、自作の撮影器具があるそうで。動画とスクリーンショットで紹介します。

マエモリさんはおばあさんが平安座島の出身の3世です。TVや映画の世界で活躍しています。
映画製作者でもあり、アートディレクターでもあり、小道具職人でもあります。

身近な素材で小道具を

小道具も自宅で多く作っています。身近な部品や素材を組み合わせて、映像の中の細やかな世界観を演出していきます。米国内を中心に、オーストラリアにも活動の幅を広げています。

「5年以内に沖縄行けたら」


マエモリさんはまだ沖縄を訪れたことがありませんが、こう語ります。
「いつか沖縄に行かないといけないなって思ってるんですよね。沖縄にも日本にもなかなか行くチャンスがなくて。あわよくば5年以内にはって考えています」

マエモリさんの発明品、登場。とにかくグルグル回ります!

とにかく物作りに没頭しています。世界的に有名なテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の制作物レプリカも自分で作って自宅の前に置いています。3日で仕上げたそうで、人々がやってきては記念写真を撮るそう。

マエモリさん、ここである「自作撮影アイテム」を運びます。

とにかくこの上に乗ってあれこれとポーズを取ってみるのですが、さて、これがどのような結果をもたらしてくれるのでしょうか!

答えは動画にて!

文・長濱良起
動画 撮影・ 李真煕  編集・長濱良起
(One Okinawa)