格安でハワイに行こう!移動やネットのテクあれこれ

2019.10.30

ハワイって、やっぱり遠いってイメージありますよね。太平洋の真ん中にぽつんと群島あるんですもの。でも、上手にすれば飛行機は安いし、ネットも宿もレンタカーも比較的安く抑えられます。物価が高い分お得に旅するテクニックを、ちょっとだけご紹介します!


まずはとにかく飛行機だ!

とにかく飛行機です。移動手段は飛行機一択。安く行く方法を考えます。

①発着は関西国際空港
とりあえず関空まで行きましょう。沖縄には直行便がありません。ピーチ、スカイマーク、ジェットスターのLCC3社は確実にチェックしましょう。関西発着のホノルル便は安いです。

ありがとうエアアジア
ホノルルへは関空発着のLCC・エアアジアXが一番安いです。通常時は片道4万円前後で推移していますが、たまにやってるセールでは2万円ぐらいでチケットを買うことができます。
沖縄の結婚式に出て、2次会まで行って、なんか楽しくなった勢いで3次会まで行って、タクシーで帰ったら確実に2万円ぐらい使ってますよね?それと同じぐらいの値段です。

セールを見逃すな!
ふと、チケットがめちゃくちゃ安くなっている時があります。2019年5月末まで関空-ホノルル線をつないでいたシンガポールのLCCスクートが、激安セールをしていて片道1万円ちょっとという時がありました。(その時を逃さず取材に行きました)

スクート機内。ライティングに夢がある!!

WiFiは必須ですよね

もはや人によっては電気、水、ガスに並ぶ必須インフラ「WiFi」なのではないでしょうか。ハワイに限らず海外でのWiFiをゲットについて「経験の範囲内で(←これ重要)」お話します!

パターン別に作戦です。

日本でルーター予約
コスパ…× 心の安心度…◎
グローバルWifi」「イモトのWifi」のように、例えばグーグルとかで「wifi 海外」で検索すると簡単に出てくるものです。空港や自宅で受け取れるため、最初からネットにつなげることができ、一番安心かもしれません。しかし、内容によっては1日1000円ぐらいしてしまいます。

現地SIMを「現地で」買う
コスパ…○ いろいろ便利度…○
あなたのケータイが、海外のSIMも挿せる「SIMフリー」なら、旅先や出張先の店舗でSIMカードを購入してただ挿すだけで、ネットに接続できます。それどころか電話番号もゲットできるので、何かしらの手続きで電話番号を要求された時でも書き加えることができます。

現地SIMを「事前に」買う
コスパ…◎ 準備万端度…◎
現地のSIMカードは、現地に行かないと買えないものではありません。例えばAmazonなどのサイトで、日本にいながら海外のSIMカードを買えます。安く抑えて事前に準備できるという意味で一石二鳥です。

現地SIMとテザリングのコンビネーション
コスパ…◎ 旅仲間への貢献度…◎
もしも家族友人とずっと一緒に行動を共にするのであれば「1台に現地SIMを入れてテザリングで飛ばす」という作戦も有効です。そうなると、SIMの料金を払うのは1台分でよくなります。容量が多ければみんなで使っても安心ですね。

こんなイメージ

ていう具合です。もしももっといい作戦があれば教えてくださいね。


衣食住の「住」!寝る場所編

衣食住の「衣食」は簡単ですけど「住」はなかなか面倒ですよね。最安を目指すならホテルではなくて民泊を狙いましょう。
民泊といっても、誰かの家で知らない誰かと寝食を共にする、というイメージではありません。(それはそれで楽しそうですけどね)
大体は、一軒家かアパートの一室をまるまる借りるか、誰かの家の一部屋がホテルやゲストハウスの一室みたいになっている、というケースです。
基本的には何もかもが揃っていて快適なので、オススメです。

民泊プラットフォームは最大手は「airbnb」、日本では「エアビ」と略されています。

多少の英語の読み書きが出来れば問題ありません。翻訳機能も付いていますのでおおまかなやり取りは問題ないと思います。


ハワイには電車がない!移動編~個人レンタカーサービスTUROがスゴい!スゴすぎる!~

意外かもしれませんが、ハワイには電車や地下鉄がなく、路線網のある公共交通機関はバスのみです。
なので、あちこち自由に動きたいなら、レンタカーは必須です。案外、レンタカーって乗り続けていたら値段高いですよね?でもとっても安く、なおかついろんなところで車を借りれるサービスがあるんです。

それが「TUROです。

簡単に言えば「レンタカーのAirbnb」です。
『車を貸したい人』と『車を借りたい人』をつなげるウェブサイト」です。
個人間取引なので借りる側のコストを低く抑えることができ、しかも街中いろんなところに「貸したい人」がいるので、
「いつでもどこでも安く」車を借りることができる、アメリカ・マサチューセッツ州発のサービスです。

ちゃんと、車種とか価格帯とか人数とか、いろんな条件でしぼって、希望の1台を見つけ出すことができます。場合によっては通常のレンタカー料金の半額近くで探すことができるのでオススメです!

フェイスブックかグーグルのアカウント、もしくはメールアドレスで簡単に登録できます
お気に入りの車を選んだら、
赤い四角で囲んだ「Go to checkout」で支払いなどができます。

基本的には指定の待ち合わせ場所に行って車体と鍵を受け取るという具合です。 直接対面の場合もあれば、車の外側に付いてるキーボックスに暗証番号を打ち込むセルフチェックイン方式の場合もあります。
乗ってみていろいろ気になる部分があれば、期間を短縮して返すこともできるので安心です。


いかがでしたでしょうか。
沖縄と関わりの深いハワイ。足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

(文・長濱良起/One Okinawa)