Aloha Awamori

【ハワイ】ハワイの泡盛「Aloha Awamori」土地の恵みを活かした唯一無二の特殊製法とは!

2020.1.25

ハワイにある泡盛ブランドをご存知でしょうか?
その名も「アロハ泡盛」
沖縄の泡盛にひと手間加えた“ある製法”で、独特のハワイテイストを出すことに成功しています。

source www.alohaawamori.com

2019年某日、ハワイ州ワイキキ市内のレストランで、アロハ泡盛のティスティングイベントがあったので、行って来ました!

Aloha Awamori
http://www.alohaawamori.com/#/

泡盛を文化としても発信

沖縄系の方々はじめ、地元の人々が集まっています。

数々のパネルで、泡盛の説明、作り方、泡盛文化の成り立ち、沖縄戦後の泡盛復興の歴史などを丁寧に紹介しており、単にアルコール飲料としての泡盛のみならず「沖縄の独自文化」としての泡盛を発信しています。

ハワイの木・キアウェの炭でフィルターした独特の製法「米本土でも好評だった」

アロハ泡盛のラインナップの一つ・クバ泡盛のパッケージにはハイビスカスがあしらわれ、沖縄とハワイ両方のトロピカルなイメージが表されています。

鼻に抜けた時に、なんだかうま味みたいなものを感じます。沖縄の泡盛はハワイの人々には味が強すぎるふしがあるようで、まろやかに仕上げています。うるま市や今帰仁の酒造所で製造された泡盛を取り入れて、サトウキビを混ぜたり「キアウィ」というハワイの木を使った炭でフィルタリング、ハワイのフレーバーを乗せて飲みやすく仕上げています。

アロハ泡盛のランディ・クバ社長です。首里にルーツを持つハワイ出身・在住のウチナーンチュです。

「ちょうどNYで泡盛の試飲会をしてきたばっかりなのですが、たくさんの白人系アメリカ人の方にも気に入ってもらえて関心も高いです。米本土市場への進出の足がかりにもなりそうです」

ハワイや米本土以外には、カナダ・バンクーバーにも出荷しています。

泡盛コーヒーはコナコーヒー使用の最強コラボです。

ハワイのコナコーヒーを使ったコーヒー泡盛もありました。沖縄の黒糖も加えて甘さを出しています。ハワイと沖縄のグッドコラボですね。

クバ社長「沖縄でもコーヒーと泡盛混ぜますものね」

コーレーグースーも!

まさかハワイでこんなに柔らかい三枚肉に出会えるなんて!

泡盛とのマッチングフードとして、めちゃくちゃ柔らかいラフテーも提供されていました。めちゃくちゃ柔らかいです。声出るぐらい柔らかいです。そして美味い。美味すぎる。

美味すぎたのでシェフにお話を聞いてきました。

「前の晩に12時間煮込んで、そこからさらに4時間掛けました。実は沖縄料理の本で学んだんですが、いくつかの工夫は自己流で重ねました」

「泡盛は食事しながらずっと飲めるスッキリ味わい」

レストランオーナーのお話です。
「以前、おいしくない安い泡盛を飲んだことがあったんですよ。それしか飲んだことがなかったんですけど、ちょうどおいしいアロハ泡盛を紹介してもらいました。食事とも合いますし。ちょうど日本酒のように、食事しながら飲み続けることができます。ウィスキーだと少ししか飲めませんよね。泡盛はクセのなくスッキリした味わいで良いと思います」

最後にクバ社長、泡盛と沖縄について語ってもらいました。

「沖縄には素晴らしい文化があるということを、泡盛を通してもっと発信、啓発していきたいです」

(文・長濱良起/One Okinawa)